野に咲いた

野に咲いた
作詞・曲  こうづき かつとし

(1)
立てば芍薬 座れば牡丹
歩く姿は 百合の花
美人の例えに なる花もある
何れが菖蒲か 杜若
花は色々 桜梅桃李
人も色々 十人十色
野に咲いた 花のように
踏まれても 踏まれても
踏まれても 輝いて
花開く 可憐な
美しい人
(2)
梅は咲いても 桜はまだか
梅雨を和ます 紫陽花の花
春夏秋冬 忘れぬように
季節を教える 名立たる名花
花は色々 桜梅桃李
人も色々 十人十色
野に咲いた 花のように
踏まれても 踏まれても
踏まれても 煌めいて
花開く けなげな
可愛い人
(3)
蝶よ花よと 大事にされて
咲いて応える 大輪の花
秋霜烈日 過酷な中で
気高く生き抜く 清貧の花
花は色々 桜梅桃李
人も色々 十人十色
野に咲いた 花のように
踏まれても 踏まれても
踏まれても 挫けずに
花開く 誠実な
逞しい人
(4)
名所旧跡 名園名庭
咲いて彩る 名うての名花
深山幽谷 俗塵避けて
密かに咲かせる 隠れた名花
花は色々 桜梅桃李
人も色々 十人十色
野に咲いた 花のように
踏まれても 踏まれても
踏まれても 控えめに
花開く 素敵な
優しい人